ココナッツオイル徹底解剖

ココナッツオイルの効果・効用などを紹介!

夏と冬でココナッツオイルを入れる容器を変えよう!

      2015/05/31

季節でココナッツオイルの保管法を変えるのがおすすめです。

夏と冬で容器を使い分けましょう!



なぜ容器を変えた方が良いの?

ココナッツオイル容器

ココナッツオイルは温度によって固形化したり液体化したりします。

25℃以下で固まり始めるので、冬場のココナッツオイルは常に固まっています。

 

逆に夏場は暑いのでココナッツオイルは常に液体の状態です。

大体のココナッツオイルの容器はジャムの瓶の様な広口容器なので、液体の場合こぼれやすくなったりと使いづらいです。

 

100円ショップなどでも液体のココナッツオイルを取り出しやすい瓶などが売っているので季節によって変えましょう。

また、夏場の液体のココナッツオイルを冷蔵庫に入れて冷やし、ココナッツオイルを個体化してから使用するようにしましょう。

 

固まったオイルを溶かす時には気をつけて!

ココナッツオイル危険

固形化したココナッツオイルを液体で使いたいからといって、電子レンジでオイルを溶かしたりはしないで下さい。

電子レンジで油のみをを加熱するのは使用法として危険です。油に引火してしまいことがありますので絶対にやめましょう。

 

液体にしてココナッツオイルを使用した場合は、湯煎(ゆせん)にかけてとかしましょう。

使うだけの少量ならそれほど時間もかからず溶かすことが出来ます。

 

温まったフライパンに入れればすぐに溶けるので炒め物をする場合は固形でも大丈夫です。

 

固まったり溶けたり品質は大丈夫?

ココナッツオイル品質

ココナッツオイルは温度によって固まったり溶けたりを繰り返します。

品質的に大丈夫なの・・・?と疑問に思うかもしれませんが全く問題ありません。

 

ココナッツオイルの成分の9割以上が酸化安定性の高い脂肪酸なので腐りにくいです。

開封しない場合は約2年、開封したら1年で使い切ってしまいましょう。

 

直射日光が当たる場所で保管すると腐ってしまう場合があります。

もしかして腐ってる?と思った方はココナッツオイルの匂いをかいでみてください。

 

本来の甘い香りでなく、すっぱい匂いがするようなら腐ってる可能性があります。

iwaki オイル差し 250ml KS522-SVON

新品価格
¥1,360から
(2015/5/31 19:47時点)

 - ココナッツオイル特徴 , ,

  関連記事

ココナッツオイル摂り過ぎ
ココナッツオイルの摂取量の目安はどれくらい?

ココナッツオイル購入してみたけどどれくらい摂取したら良いのか分からない。 ココナ …

ココナッツオイルで下痢になるのはなぜ?

ココナッツオイルを摂ると下痢になってしまう。という方も多いのではないでしょうか? …

ココナッツオイルとパームオイル
ココナッツオイルとパームオイルの違いって?

  ココナッツオイルとパームオイルを同じものだと思いパームオイルを購入 …

ココナッツオイル
ココナッツオイルは固まりやすい?ココナッツオイルの特徴

ココナッツオイルは他の油と違い天然の油です。 一般のサラダ油やオリーブオイルと違 …